HOME>特集>薬局薬店などでの申込は医療機関とは変わらない

気付きのメモ

漢方の正しい知識がある大阪の薬局薬店での健康相談の準備として、それぞれ役割が異なるので、気付きについては走り書きでも構わないので、専門家に伝えるために記しておきましょう。保険診療も可能ですから、医療機関を受診するならば保険証を準備しておいたり、薬局ではもしも現在使用している医療用漢方製剤があるのならば、お薬手帳を持参しましょう。効果・効能の違う漢方を同時に摂取したい場合もあるかもしれませんが、かかりつけ医師にまずは相談しなければなりません。副作用のリスクが低いとはいうものの、身体に合う・合わないの選択には医師との連携プレーがカギを握るからです。

伝えることが必要

申込に関しては、健康保険適用の漢方薬も大阪の専門となる薬局薬店で手にできます。現在、健康を害しておらず、健康補助食品として摂取したいのなら自由な選択ができます。違いを踏まえる薬剤師に提案してもらう、そうした申込ができます。申込用紙には、漢方を摂取したい目的などを記すケースもあります。元気に毎日を過ごしたい、そうした年齢や体力の壁を感じる内容でも問題ありません。現在、治療中である場合、自己判断で薬剤(サプリ)を追加してしまうことで、成分が重複し、思わぬ作用がでる可能性もあるので、その旨も伝えたり、妊娠の可能性があればその旨も伝えましょう。

広告募集中